色素性病変治療に対して有効なスイッチルビーレーザー

スイッチルビーレーザーというのは、メラニン色素への吸収率が非常に高く、色素性病変治療に優れているレーザーの一つです。
しみやあざといったお肌のトラブルを確実に、そして安全に除去させることができます。

 

治療をしたいしみやあざにスイッチルビーレーザーを照射することで、光エネルギーは熱エネルギーに変換されます。
今までの施術と比べてその効果は非常に大きく、様々なトラブルを解消させることができるでしょう。
スイッチというのは、瞬間的に高いパワーのレーザー光を発することの出来る装置です。
「でもレーザーだとお肌に悪影響が出るのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、正常組織には影響を与えませんのでご安心ください。

社会人サークル 大阪
社会人サークル 大阪
http://0ffkai.lolipop.jp/



色素性病変治療に対して有効なスイッチルビーレーザーブログ:17/11/24

減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より肉体の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

肉体の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
肉体が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
ご飯の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
1日1500キロカロリー食べている場合、
1週間のうち二日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のごはんを
いつもより多く食べるようにするのです。

二日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
二日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減したご飯を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで肉体の脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。